こだわりの治療で皆に元気と感動を あなたの身体の悩みは当院の「治療力」で解決!!

banner

 

当院について

 

 

当院は鍼・灸・按摩マッサージ指圧を行う治療院です。
〈整体・カイロ・リラクゼーションとの違い〉
皆さんが身体に不調を感じマッサージをして欲しいと思った時、整体・カイロ・何々式マッサージ等、色々な選択肢が頭に浮かぶと思います。
しかし、覚えておいて欲しいのは、日本で按摩マッサージ指圧が行えるのは按摩マッサージ指圧師のみです。(医師は除く)
国家資格が難関な為、お手軽な民間資格でマッサージを連想させる類似手技を行なう治療院が増えている現状は大変残念ですし、一般の方にこれらの区別がつかず一括りにされているのも我々有資格者からすると非常に残念な所です。
揉む、圧す、さする、たたく、ひくはマッサージ師の専売特許なのです。
勿論当院は鍼師・灸師・按摩マッサージ指圧師の国家資格を取得しております。一つしか無い、替えの効かない大事な身体を任せる場所は是非とも慎重にお選び下さい。
当院では患者さんの症状と好みに合わせて鍼・灸・按摩マッサージ指圧を使い分けて行きます。

〈はり〉
痛そう!怖い!といった理由で敬遠されがちな鍼ですが、リピーターは非常に多いです。
理由は単純に施術後の効果が高いからです。
鍼の最大のメリットは鍼先が髪の毛程の細さな為、ほとんど抵抗無く目的の筋肉に到達して刺激が出来ることです。
最小限の刺激で最大限の効果を実現出来るのが鍼の特徴です。
特にギックリ腰や寝違え等の急性症状に効果を発揮し、運動選手の早期回復やコンディショニング、不妊治療等の婦人科疾患全般に良く選択します。

 

〈灸〉
熱そう!得体が知れない!どういう時に必要か分からない!という理由で選択されにくいのがお灸です。
昔は悪い事をすると「お灸を据える」と言われる位、灸は熱くて痛くてあたりまえのものでした。
むしろ、わざと火傷させて組織を壊してリセットし、良い組織を再生させるという考え方でした。
しかし、今そんな事をしたら訴訟問題になりかねません。当院は肌と灸の間に間熱材を入れて施灸するので
苦痛を除外して非常に効果の高い灸治療を行ってます。
特に捻挫や打撲等の外傷や関節水腫(いわゆる水が溜まる
状態)などの回復を劇的に早めるのに選択します。女性の冷え性や便秘等にも効果的です。是非一度お試し下さい。

 

〈按摩・マッサージ・指圧〉
当院が最も自信を持って勧める本格的な手技です。
と言っても、特別な事は何もしませんし、トリッキーな手技もやりません。只々、基本に忠実に揉む、圧す、さする、叩く、ひく、の動作を反復して行いますが基本に込めている情熱、想いには自信を持っております。
最大の特徴は「弱圧」です。
弱圧というと弱そう、物足りなそう、と受け取られ
がちですが、少し違います。弱圧=快圧とお考えください。

 

「こんな経験ありませんか?」
マッサージを受けて、その時は気持ち良かったけどすぐに辛さが戻ってしまう。若しくは揉み返しが出てしまった。それは身体が求めている刺激量と感覚が求めている刺激量に差があるからです。
勿論どちらも大事ですが、身体を優先させると何と無く物足りなさがでて、感覚を優先すると身体には刺激過剰になり揉み返しがでます。
どちらも疎かには出来ませんが結果的に身体を楽にする事が一番大事で身体が楽になれば生活も楽になり悩みから解放されて感覚もついてくる様になります。


「この負のサイクルから抜け出しませんか?」
当院ではそのギャップのバランスを正常に戻して、身体と感覚がシンクロする様に体質改善を兼ねて手技を致します。
例えば10の力で圧した時に、受け手はどんなに気持ち良いと感じても無意識に刺激に対して5抵抗します。差し引き5の力が伝わった事になりますが単純にそうではありません。
リラックスしているつもりが5の抵抗エネルギーを使っている為、±0という事になります。これが私の考える、その時は気持ち良いけど効果が持続しない理由です。
痛い所、気持ち良い所を相手の言ったまま圧すことは誰にでもできますが、それは±0です。
これを、強弱を見極めて相手の抵抗が入りにくいギリギリである5の力で最初から圧したとしましょう。すると受けている方の抵抗は限り無く0になる為、5の力が受け手に浸透して高い治療効果が期待出来ます。これが快圧です。


「最小限の刺激で最大限の効果を!!」
しかし、弱圧はあくまでも私の理念ですので押し付ける物ではありません。患者さんの希望を最大限に尊重し、強くやってくれと言われればいくらでも対応出来ます。
感覚の満足も大事なので。私は180cm、90kgですので力にも定評あり!

 

 

 

 

〒432-8021浜松市中区佐鳴台5-26-1佐鳴台ビル1F
【電話番号】053-440-1209
【受付時間】9:00〜20:00
【休診日】水曜日、土曜日午後、(日曜・祝日は通常診療)